ローンのある家を売る

「ローンのある家を売ることはできるの?」「住宅ローンが残っていても売却できるの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

残念ながら私たち夫婦は離婚することになり、持ち家を売却することにしました。
一般的には私たちと同じように離婚が多いかもしれませんが、ローンのある家を売る理由としては以下が挙げられます。

 

・住宅ローンの返済が難しくなった
・近所でトラブルがあって馴染むことができない
・実際に住んでみて環境があまりにも悪かった
・狭くてもっと別の住宅が欲しいと思っている
・一戸建てよりもマンションの方が良いと感じた
・通勤に便利な場所へと引っ越したい

 

どのような理由にしてもローンのある家を売ること自体は可能で、私はほっとしました。

 

しかし、持ち家を売った際に住宅ローンの全額を返済するのが条件で、一括返済しなければならないと決められております。
住宅ローンがどの程度残っているかによって異なるものの、手持ちのお金や売却代金を使って一括返済できるのならば問題ありません。

 

売却代金が残りの住宅ローンを上回る金額ではなくても、お手持ちのお金をプラスすれば返済できます。

 

私の場合、手持ちのお金があまりなく、売却したとしても300万円ほど足りないので非常に困っていたのです。
インターネットを使って調べてみたところ、購入した時よりも住宅の価値が下がり、住宅ローンの残高が売却価格を上回るケースは多いことが分かりました。

 

そんな時におすすめなのが任意売却で、借り入れた金融機関(債権者)の同意を貰い、住宅ローンが残っている不動産を売ることを指しております。

 

少しでも住宅ローンの残りを債権者が回収するには裁判所に競売を申し立てなければならず、
そのための費用がかかるだけではなく、競売物件は安い価格でしか売れないというデメリットがあるのです。

 

つまり、競売で安い価格で売るよりも任意売却で少しでも高く売ってお金を返してもらった方が良いので、金融機関は任意売却に対応してくれるのではないでしょうか。

 

現に、私たちもこの任意売却という方法でローンのある家を売ることができましたし、不安な方は不動産屋や司法書士など専門家に相談してみるのも良いかもしれません。
住宅ローンの滞納から6ヶ月や8ヶ月程度で強制的に競売が決定し、市場価格よりも低い価格で落札されるので当然のように残債は大きくなります。

 

引越しのタイミングも自分たちで決めることはできず、半ばホームレスと同じような状態になる可能性も少なからずあるので、住宅ローンの滞納問題は早めに解決しましょう。