保育料を払えない

「保育料を払えないとどうなるのか?」「保育所や保育園から追い出されてしまうのか?」と疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

私の家庭ではありませんが、一緒の保育園に子供を通わせているママ友さんで数ヶ月に渡って保育料を滞納しているという噂を聞きました。
しかし、お子さんは普通に保育園へと通っているみたいで、なぜきちんと毎月支払っている家庭があるのに滞納を放置しているのか疑問で仕方ありません。

 

インターネットのYahoo!知恵袋を見てみると、1年間以上に渡って滞納している家庭もありました。

 

このご家庭は家賃やローンの返済、消費者金融への返済など払いたくても払えないような状態なので、きちんと払いたいという意識はあるようですが・・・・。
保育料は前年度の税収よって決まるという特徴があり、「地域児童福祉事業等調査結果の概況」の調査によると1ヶ月間の平均値は2万円から3万円程度となっております。

 

自治体によっては1ヶ月当たり4万円から5万円程度の費用がかかるところもあり、夫の収入の激減などが保育料を払えない大きな原因なのではないでしょうか。

 

保育料を滞納したとしてもいきなり退園させられるわけではありませんが、調べてみると地方自治体によっては給与の差し押さえという措置がとられるようです。
それでも放置していると督促状が届けられることもあり、保育料は税金と同じ扱いとなるのできちんと支払わなければなりません。

 

「支払えない」「お金がない」といって滞納状態が続いても免除されることはなく、他のご家庭と同じように分割払いででも返済する必要があります。

 

もし、保育料を払えない状態になってしまったら放置するのではなく、役所の窓口へと出向いて相談してみるのが良いでしょう。
一緒の保育園へと子供を通わせているママ友さんとはそこまで仲良くなかったので、どのような措置をとったのか分かりません。

 

しかし、滞納したまま放置することはできませんし、キャッシングしたり分割払いで少しずつ支払ったりと個人の経済状況に応じて支払いを済ませたはずです。

 

また、地方自治体によっては1年間で15%程度の延滞金が発生するところもあるので、万が一の時のためにお住まいの市区町村のホームページを閲覧しておくのが良いと思いました。
「夫の給料が減った」「兄弟が入所した」「離婚した」という理由で保育料の支払いが困難になった場合、支払う費用が減る減免制度が取り入れられております。

 

無視していてもいつかは支払わなければならないお金ですし、キャッシングと同じように滞納が長引くほど損をするので減免制度を上手く利用して支払いを済ませるべきです。